理想と現実のギャップに悩んでいる方へ

 仕事を探すとき、誰もが理想の仕事に就きたいと願うものです。この理想とは、自分が本当にやりたい事だったり、幼少時代からの夢であった職業だったり、人によっては仕事内容よりもお金が儲かる仕事の事を指すかもしれません。

 しかし、学校を卒業して無事に職に就けたものの、自分が思い描いていたものとのギャップに苦しむ人も多いでしょう。「自分はこんな事をしたかったのではない」と悩み、もがく若者も少なくありません。若いうちに挫折や葛藤を経験するのは、悪いことではありません。悩みながら人は成長し、魅力ある大人になるのです。それに、最初から理想の仕事に就ける人は、ごくわずかしかいません。多くの人は、社会経験を重ねながら、いつの日か自分の夢を実現できると努力していますし、悩んだりしながら自分で道を切り開いていこうと頑張っているのです。

 ただし、今の職があまりにも理想からかけ離れており、夢を諦められないのならば、思い切って転職するというのも一つの手です。夢を追うのは素敵なことですし、たった一度の人生なので、後悔をしない選択をしたいもの。そのためには、ふわふわとした夢を語り追うばかりではなく、具体的な方法を考え、行動を起こすことが大事です。誰にも相談できず、ただ一人で思い悩み、体調を崩したり、人生に落胆してしまうことだけは避けてください。仕事だけが全てとなってしまわないよう、仕事以外の趣味や交流を増やしていくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です