理想の仕事の定義とは?

 理想の仕事という定義は、人によって異なるかもしれません。就職、転職活動においても、企業選びの際にどのような要素を大切にするかは、人それぞれで変わってくるからです。給与面や待遇、福利厚生など、見るべき点も数多くあります。サラリーマンはお金を稼ぐだけの存在ではありません。実際に40年間働いて人生を振り返ったとき、仕事ばかりの人生だったと感じて、それを良かったと感じるか、嫌だと感じるかも、個人差があります。

 しかし、働く人々に共通していえることは、自らのライフバランスに適した仕事が、理想の仕事なのではないかということです。仕事選びの時に重要視する要素として、長期間続けられる仕事かということを考える方も多いのではないでしょうか。仕事を長期間続けるためには、仕事そのものを長く続けることと思われるかもしれません。しかし、仕事を長く続けるためには、余暇の時間であったり、家族と共に過ごす時間など、それぞれが持つライフバランスが整っていることが大事なのです。このライフバランスの幅も、自分がどのような面に重きを置くかで人によって異なります。

 そこで、長く一つの仕事を続けていくためには、自分にとって最も優先したいことは何かという点に注目して、それを実現するためにはどうするべきかを考える必要があります。そうすれば、就職や転職の際にも、自分にとっての理想の仕事が何なのかを知るヒントになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です