希望を叶えるための仕事と出会うために

 すでに働いている人、これから働こうとする人なら「理想の仕事に就きたい」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。1日の中で労働に費やす時間は決して少なくありません。また、満足できる収入を得るという意味でも、「どのような仕事に就くか」は大切であり、高い満足度を得るのために欠かせません。

 しかし、「理想の仕事」とは抽象的な表現であり、どのような条件を満たせば「理想」になるのか、個人差が大きいと思われます。そこで、自分が考える「良い仕事」に出会うためには、大事にしたい条件を明確にし、それに優先順位をつけることが欠かせません。大事にしたい条件とは、業種(職種)、給与、勤務地など、あなたがこだわりたいことです。高い給与を望む人もいるでしょうし、転勤のない会社が良いという人もいるでしょう。すべてにおいて理想的な就職先を見つけるのは極めて難しいため、大事にしたい条件を明確にする方が、職場選びがスムーズに進みます。

 そして、「理想の仕事」について、もう一つ理解しておきたいことは、「勤務開始前にその仕事の内情はわかりにくい」ということです。自分が望む企業、望む部署に配属されたとしても、本当にその仕事が理想的であるかどうかは、すぐにはわかりません。逆に、妥協して入社した企業にもかかわらず、意外にもやりがいのある仕事ができる場合もあります。自分が望む仕事は、ある程度は戦略的に手に入れることができますが、同時に働いてみないとわからない点、入社後の人間関係などから影響を受ける点もあるので、仮に思い通りの職場で働けない場合もネガティブにならないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です